ルート配送のメリット

毎日同じ時間に帰れる!

トラックの配送業務の種類は色々な形態がありますが、ルート配送ならではのメリットを紹介します。まず、毎日ある程度決まった時間に帰ることができます。ルート配送とは、毎日だいたい決まった店舗などの配送先へ、決まった道順で、決まった時間に荷物を届けるのが仕事です。そのため、荷物を配送前に積み込むか、配送後に積み込むかの違いはありますが、ほとんど同じような時間に出社して、同じような時間に帰れます。スポット便やチャーター便と呼ばれる仕事の場合は、出社時間も終業時間もまちまちになりがちで、当日にならないと終わる時間が判らないことも多いです。 ルート配送は勤務時間が定時なので、プライベートでの予定も立てやすく自分の時間を大切にしたい人にとっては有難いのではないでしょうか。


未経験でも仕事を覚えやすい!

先ほど紹介したようにルート配送では、ほぼ固定された配送先に荷物を届けます。会社によって配送先が二~三店舗の場合もあれば、十数店舗くらい任される場合もあるでしょう。もしトラックドライバーの仕事が未経験だとしたら、自分にできるか不安に思うかもしれませんが心配いりません。もちろん先輩ドライバーが教えてくれるでしょうが、二週間も同じ仕事をしていれば覚えてしまうものです。積み込み方法、配送順番、効率よくまわるための道順、店舗ごとの荷卸しの仕方などなど、不慣れでも毎日真面目にやっていれば身体が自然と動くようになってきます。 また、同じことの繰り返し作業となるので、仕事に慣れてきて自分なりのコツをつかめれば、時間に余裕ができたり、いつもより早く帰れたりします。ルート配送は未経験でも挑戦しやすい業務だといえます。

ルート配送は基本的には決まったルート巡回するため、長時間労働を避けることができます。ルート配送の募集は使用する車種によって免許が異なるので注意が必要です。