運転するトラックの大きさの確認を

持っている免許で仕事ができるか

日本において荷物の輸送は自動車に頼る部分が多く、大型車の他中型車や軽自動車などでも荷物の運搬が行われています。荷物の輸送の仕事の中には配送先が決まっているルート配送のものがあり、自分で営業をする配送業務に比べるとやりやすいかも知れません。自動車の免許を持っていれば行えるので、新たな仕事として求人に応募してみてもよいでしょう。応募するときの注意としては、応募先の会社で使っているトラックが今持っている免許で運転できるかでしょう。運転免許は細分化されていて、最近普通免許を取得した人だと少し大きなトラックが運転できない可能性があります。必要な免許がないと書類作成や面接の時間が無駄になるので、応募する時点で聞いておくと良いでしょう。


運転経験のあるトラックを使えるか

普通免許は軽自動車の他一定の排気量や積載量の自動車を運転できます。これまで普通自動車のみの運転経験を持つ人が新たにルート配送の求人に応募しようとするとき、採用されてから困らないかを考えておく必要があります。採用条件としては会社で使っている車を運転できる免許があるかどうかがあり、採用側としては免許があれば当然運転できると考えるでしょう。しかし普通自動車の中でも小型タイプしか運転してこなかった人だと、運転できる最も大きなトラックだと簡単には感覚を掴めません。その会社で使っている車両がどれくらいの大きさで、自分自身がこれまでどんなサイズの車を運転してきたかを面接などで話しておきましょう。経験不足があるときにどんなサポートが受けられるかも聞いておくと安心して内定を受諾できます。