ルート配送のデメリット

ルート配送は時間に厳しい

ルート配送は時間に厳しいのがデメリットの一つになっています。ルート配送は決められた時間に決められたルートで配送をする必要があるため、時間に余裕がない場合が多いです。時間にルーズな人にとって厳しい仕事になってしまうため、違うタイプの配送を選ぶことがおすすめです。また、ルート配送は業種により早朝や深夜をメインで配送しなければいけないことがあり、不規則な生活が必要になってしまいます。規則正しい生活をしたいと思っている人は、ルート配送でも日中に仕事が可能としている会社を選ぶことがおすすめです。長距離運転手に比べると楽な面も多いけれども、ルート配送ならではの辛い一面もあるため、その点に注意して検討が必要です。


給料が長距離運転手に比べて低め

トラックドライバーの仕事の中では比較的楽な仕事となるルート配送は、給料面がデメリットの一つとなります。ルート配送は残業が比較的少ない仕事の一つで、トラックドライバーとしては精神的にも肉体的にも比較的負担が少なく働くことができます。ただ、残業が少ない分当然給料に影響を与えてしまうため、トラックドライバーの中では給料が低くなってしまいます。事務員や中小企業の工場勤務に比べると高めの給料設定となっていますが、しかし同じ業種のトラックドライバーの中では安くなってしまうため、デメリットの一つとしてあげられます。もし給料を高く、そしてトラックドライバーとして仕事をしたいのであれば、精神的や肉体的に辛くなりますが長距離運転手を目指すのがおすすめです。